敏感肌の正しいスキンケア方法

敏感肌の原因は、生まれつき皮膚が薄かったり、アレルギーやアトピー体質だったり、セラミドの量が少ないなどがあげられます。また乾燥肌が悪化して刺激に弱い状態になったものを乾燥性敏感肌と言ったりもします。自分が敏感肌かどうかを知るには、皮膚科に行って診てもらうのが簡単ですし、原因が分かれば対策もしやすくなりますので、敏感肌かなと思っているかたは、相談してみることをおすすめします。

 

敏感肌のスキンケアには刺激の少ないものを選ぶことが基本になります。特にクレンジングや洗顔で、刺激の強いものを使っていたり、洗うときに強くこすったりすると、肌に必要な皮脂やセラミドまで落としてしまいます。クレンジングは洗い流すタイプのものを選び、洗顔は無添加石鹸かぬるま湯で洗うようにすると、刺激を減らすことができます。

 

また、化粧水や乳液で保湿をすることも大切です。化粧水は肌に水分を与えて、肌の状態を整えてくれますし、乳液や美容液は水分の蒸発を防いで、肌に水分を留める効果があります。保湿成分には、セラミドやヒアルロン酸などがありますが、これらは乳液や美容液に多く含まれていますので、化粧水の後につけるようにしましょう。敏感肌かなと思っているかたは、一度正しいスキンケア方法を確認してみてください。