敏感肌なら洗顔しないのも一つの改善方法

肌の乾燥が進むと、肌内部の水分や皮脂がどんどんと奪われてしまいます。そのため肌のバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなったり肌のバリア機能がなくなっていきます。乾燥状態がひどくなると敏感肌となってしまい、ちょっとした刺激でも肌荒れを起こしたり、スキンケアでも赤みが出るなど影響が出て行きます。

 

敏感肌になると、洗顔をしただけでもヒリヒリしたり、スキンケアで赤みが出ることがあります。また、肌に優しいものでも色々と使いすぎると肌に負担を与えたり刺激を与えることがあるので、ひどい場合はできるだけシンプルケアを心がけ、最低限のスキンケアにします。

 

もう一つ気をつけるのは洗顔方法です。洗顔しないと言う敏感肌対策があります。全く洗わないと肌の汚れが取れないので、洗顔料を使わずぬるま湯だけで洗ったり、洗顔しない代わりに拭き取り化粧水をコットンにたっぷり浸し、優しく拭き取る洗顔方法があります。洗顔をすると汚れを取るだけでなく肌に必要な皮脂も取ってしまうことがあるのですが、洗顔しないことで皮脂を取ることがないので潤いを肌に残すことができます。乾燥を招く原因の一つが洗い過ぎなので、洗うのは最低限にして潤いを残しておくこともとても大切なのです。